all おうちづくり としお

【おうちづくり】液状化の可能性がある土地に家を、つくる。

スポンサーリンク

挨拶

正確には、液状化の可能性がある土地の家を買った!ですかね。

どうも、としおです。

タイトルどおりですが、私達夫婦は液状化の可能性がある土地と、その上に建っている中古住宅を購入しました。

土地探し(家づくり)において、災害に対する安全性は非常に大事な項目であり、その中でも液状化に対して注意を向けている人もたくさんいるのではないでしょうか。

今回は、そんな液状化する可能性がある土地を購入した私達の声をお届けしたいと思います!

 

液状化とはなにか

 

液状化とは、地震等の強い揺れがきっかけで、地面中の液体と固体が分かれる現象です。
地面には砂や泥が堆積していますが、その中に含有される水分が振動により分離してしまいます。
そうすると、分離された液体は地中に析出してきますし、本来液体があった地面は沈んでしまいます。
これが、簡単な液状化現象です。

wikipediaをはじめとしたgif画像がわかりやすいので、引用します。

Ikaxer

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B6%B2%E7%8A%B6%E5%8C%96%E7%8F%BE%E8%B1%A1#:~:text=%E6%B6%B2%E7%8A%B6%E5%8C%96%E7%8F%BE%E8%B1%A1%EF%BC%88%E3%81%88%E3%81%8D%E3%81%98%E3%82%87%E3%81%86,%E7%AD%89%EF%BC%89%E3%81%8C%E6%B5%AE%E3%81%8D%E4%B8%8A%E3%81%8C%E3%81%A3%E3%81%9F%E3%82%8A%E3%81%99%E3%82%8B%E3%80%82

 

液状化は主に河川沿いや、元々河川や池・沼・湖だった場所、埋立地に多く点在しています。

元々水分が含まれている土地ほど、液状化の可能性が高いわけですね!

 

 

液状化のデメリット

さて、ここからはいつもどおり、夫婦会話スタイルでお楽しみ下さい。

 

しおりちゃん
つまり、液状化したらどうなるってばよ?
液状化すると、家は傾いてしまったり、地盤沈下して沈んじゃうかもしれないのよ
としおちゃん
しおりちゃん
せっかく家の耐震性上げても、沈んじゃったら悲しいよね…
しかも液状化は一度発生したら二度と発生しない!ってわけにはいかないから、地震のたびに起きる可能性があるねん
としおちゃん
しおりちゃん
液状化したら、土地の価値も下がっちゃうね…

 

液状化してしまえば、強固な耐震対策をした家も沈んでしまいます。できれば、液状化しない土地を買った方が良いのは間違いないですね。

 

 

液状化する可能性のある土地を購入した根拠

人間、何かデメリットのある買い物をする際は何らかの対策だったり、買って良い根拠を見つけるものです。ワタシもそういう人間です。

根拠1:命を守れる可能性が高い

実は液状化にもメリットあるのよ
としおちゃん
しおりちゃん
え、液状化でメリットなんてあるの??
実は液状化した土地の建物は壊れにくいから、被害を受けても死なずに済む可能性が高いのよ
としおちゃん

https://www.meiwajisho.co.jp/archives/6467
https://www.jsce.or.jp/library/eq10/proc/00035/58-01-0360.pdf

だから、地震が起きても家族の命を守れる可能性が高いねん
としおちゃん
しおりちゃん
まぁ、命あればなんとかなるもんね

 

根拠2:液状化対策に意味を見いだせなかった

ハウスメーカーが対策として謳っている内容が、どうにも「本当に液状化に効くのか?」と疑問に思う内容が多かったのです。

あまり詳細書くと特定のハウスメーカーへの直接的な批判になってしまいますが、「地層調査に対して、本当にその対策は意味があるのか」「その実績は?」「理屈は?」「ライフラインを確実に守れるのか」といった観点から、疑問に思うことが多々ありまして…。

まぁこれに関しては、液状化する可能性がある土地を買っても、結局潰れるなら仕方ないかなぁという諦めに近いですね。

 

根拠3:硬い地層の下に、柔らかい地層があれば意味がない

地盤調査方式にもよりますが、地盤の硬さの調査次第ではきちんと見れない可能性があります。

https://www.nikkei.com/article/DGXNASFK0701M_X00C11A4000000/

上のリンク先は浦安の液状化地域の柱状図についての情報になります。
浦安では、埋立地であるため地下数メートルまで柔らかい地層が存在し、その後固い地層が存在します。
が、その更に下は柔らかい地層があります。

ソースがなくて申し訳ないですが、浦安ではその柔らかい地層二箇所で液状化が発生したという情報が書かれていたサイトを見ました。

つまり、地盤調査の結果で良好であったとしても、実は固い地層の下に柔らかい地層が紛れてこんでいた場合は気づけません。
各地域液状化マップと呼ばれるものが存在しますが、そのマップで「安全」と書かれている場所は本当に安全なのか?わからなくなりました。

 

根拠4:液状化する可能性があってもその場所が良かった

希望している場所が、液状化する可能性ある土地だったのよ、しゃーない
としおちゃん
しおりちゃん
身も蓋もねぇな
さっきも書いたけど、液状化しやすい場所は河口沿いや埋立地が多い、つまり平野の人工集中地帯が多いのよ
としおちゃん
しおりちゃん
たしかに、私たちの仕事場は街中だし、その辺りの土地がほしかったもんねぇ

 

根拠5:運

正直なところ、地層と地震の際の震度や振幅に影響を受けるわけです。

根拠3なんてまさにそうですが、最終的には運じゃないかなぁと。

 

まとめ

液状化は、岩盤の上でもなければ完全に可能性を払拭できない自然現象です。

液状化に限った話ではありませんが、そういったデメリットとなる可能性に対して、どのようにリスクヘッジするかが大事だと考えています。

私達夫婦は、土地探しにおいて「利便性」を重視しました。
冒頭にも記載しましたが、利便性が良い場所はたいてい街中・都心部ですし、そういった場所は開けた場所が多く、液状化する可能性は高いといえます。
実際私達の家は利便性が高い反面、液状化する可能性というデメリットがついてきました。

 

南海トラフ地震など、地震の可能性はたくさんあります。

私達も夫婦は、その可能性・リスクに対し、液状化しても生きていけるようにお金を稼ぎましょうという結論になりました。

人によって考え方が違うところだと思いますが、一つ参考まで。

 

 

関連記事

【おうちづくり】持ち家という資産を、つくる…いや、それ資産になるの?という話

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

toshio

旦那。 趣味は写真と工作。自作(改造)カメラ、IoT、電子工作、インテリア、家や暮らしが好き。

-all, おうちづくり, としお

© 2021 レツクル! Powered by AFFINGER5