all カメラ としお 工作

【改造レンズ】ミノックス・Color-Minotar 35mm f/2.8をデジタルマウントで、つくる。

スポンサーリンク

はじめに

皆様単焦点レンズは好きですか?

私は大好きです。あまりに単焦点レンズが大好きなので、持っている単焦点レンズを全て一つにまとめたマウントアダプターを作るほど好きです。

【自作レンズ】ターレット式マウントアダプターを、つくる。

 

そんな大好きな単焦点レンズの中でも、私が愛してやまないのが【クセ玉】です。

クセ玉とは、その名の通り「クセの強い」レンズ。
レンズの描写…解像感やボケ味、逆光耐性等、言葉の使われ方は様々ありますが…あまり良いレンズではないことは、言葉から想像つくかと思います。

しかしながら、ただキレイに写るレンズでは面白くない…。
そんな人達にとって、クセ球は愛すべき存在とも言えるでしょう。

私も当然、そういったクセ球が大好きな人間の一人です。

写ルンですのレンズですが、これもクセ球といえるのではないでしょうか。

しかしながら、クセ球は高価なものが多いのも事実です。
クセ球の多くは、レンズ設計やレンズ製造の個体差によって生まれたものです。
そういったレンズはオールドレンズと呼ばれ、中古品ですが資産としての価値が付けられています。

私はお金持ちではないので、なかなかそういった高価なレンズを購入することはできません。

そこで今回は、そんな貧乏人でも楽しめるクセ球の自作化、改造化について書いていきます。

 

ミノックス

今回使用するレンズは、ミノックス Color-Minotar 35mm f/2.8です。

 

名古屋の某中古カメラフェアで購入しました。
シャッターボタンが付いておらず、物理的にシャッターが切れない状態でした。

さてこのカメラ。実は、レンズ交換ができないコンパクトフィルムカメラになります。

今回の改造は、このミノックスからレンズのみを取り出しマウントアプターを作ることで、他カメラに流用しようという企画です。

 

製作

 

今回のレンズ。実は、製作過程が殆ど残っておりません…。

作成手法は殆ど同じなので、基本的には前記事のターレットマウントアダプターの内容を参照下さい。今回も同様に、ソニーEマウントになります。

 

流石にそれだけでは味気なさすぎるので、今回はコンパクトフィルムカメラのレンズ取出しについてメモだけ残しておきます。
相変わらずですが、自作レンズ改造する際は自己責任でお願いしますね。

基本的に、コンパクトフィルムカメラのレンズを取外すのは、2つのアプローチを経由する事が多いです。

①レンズ側から分解していき、内部のシャッターを取り外す
②ボディの革を剥がし、レンズのユニット本体を取り外す。

①だけで取り外すことができる場合もありますが、多くの場合は①と②両方必要になると思います。

 

さて一般的に、①を行うためにはカニ目レンチと呼ばれる工具を使うことが一般的です。

 

 

しかしこのColor-Minotar。内部のシャッターを外す前玉を固定しているパネル(Color-Minotarと書かれているプラ円盤)と、前玉が特殊な長さのイモネジで固定されており、カニ目レンチを使用しません。
このイモネジですが、外すとパネルの雌ねじ部分が高確率で潰れます。そのため一度外すと、固定力がほぼ皆無になってしまいました。皆様気をつけましょう。

それ以外にも、今回の改造レンズはマウントの貼り合わせにホットボンド(グルーガン)使用したり、ちょっとお粗末な箇所が目立つ結果になりました。次回に活かします。

 

作例

並べた写真のうち、左をf/2.8、右をf/8にしています。
注釈ない限りは、RAW撮影後、Lightroomでデフォルト設定のままjpeg書き出しです。

両方ともLightroomで露出+1補正かけています。
このレンズの最大の特徴は、f/8あたりで絞りが菱形になることだと思います。今回最大のクセ球アピールポイントです。

こういう変わった絞り羽のレンズは面白いですよね。
開放だと丸ボケですが、若干左右非対称な気がします。製作が雑だったので、マウントズレによる影響だと思います。反省。

 

f/2.8(左)の方はLightroomで露出+1上げています。
絞り関係なく逆光には弱いんですけども、面白いゴーストが出るのはf/2.8です。

こういったフレアやゴーストの発生も、クセ球ならではの味ですよね。

f/8は、ただただ逆光に弱い状態です。
たぶん、もともと逆光にそれほど強くないコーティングレンズなんじゃないかな?と思っています。
マウント化する時に掃除しましたけども、分解清掃できない仕様にしているので、まぁ仕様として捉えるのが良いです。

 

同じように撮ったのに露出違って申し訳ないんですけど、f/2.8はやはりに滲みが凄くて、それに露出が引っ張られてる感もあります。

あと、f/2.8の右下の"ふわっ"としているのは、私の指です。小さいレンズなので、ピント合わせや絞り合わせが大変です。

 

ちょっと最後は比較しにくいですが、絞りの影響(解像感)が出やすいものになります。

f/2.8は周辺流れる感じはあるんですけども、f/8はそういった周辺の流れはなく、綺麗です。
本来絞り込んで撮るようなカメラなので、菱形のボケも合わせて、f/8固定で撮るとベストなんだと思います。

 

最後に絞り比較関係なく、いくつか作例も載せておきます。

 

おわりに

ということで、ミノックスのレンズをソニーEマウント化する事に成功しました。

今回ジャンクカメラだった事もあり、1500円で素晴らしいクセ球を手に入れる事が出来ました。

高いレンズだと数万〜数十万もする世界なので、安く楽しいレンズライフが楽しめるのは素晴らしいことだと思っています。

 

最後に今回使ったレンズについて。

このレンズ、f/2.8と明るいコンパクトなレンズですが、コンパクトすぎて操作が難しいのと、最短撮影距離が0.9mということであまり寄れません。

最短撮影距離に関しては、ミノックスが目測カメラなので仕方がない仕様だと思います。

とはいえ菱形のボケを最大に活かすために、もう少し寄れるとベスト。
せっかくマウントアダプターでピント合わせできるので、解像して最短撮影距離を短くするのも楽しいかもしれません。

 

今回、使える状態で扱っていないので元々のミノックスの良さを伝えることはできませんでした。

軽く絞り優先モードで使えるカメラ、実は凄く好みです。
今度普通に使えるカメラを使ってみたいなぁと思った次第です。

 

MINOX デジタルカメラ ミノックス DCC Leica M3 (5.0) 500万画素 60302

中古価格
¥27,800から
(2020/11/21 22:42時点)

ミノックス、なんか変わったトイデジでも売ってるので、それもちょっと試してみたいw
※本記事は、過去noteに記載したものを修正してお届けしております。

 

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

toshio

旦那。 趣味は写真と工作。自作(改造)カメラ、IoT、電子工作、インテリア、家や暮らしが好き。

-all, カメラ, としお, 工作

© 2021 レツクル! Powered by AFFINGER5