all カメラ としお 工作

【自作レンズ】ターレット式マウントアダプターを、つくる。

スポンサーリンク

突然ですが、皆さん単焦点レンズは好きですか?

私は好きです。画質とかそういう問題ではなく、やはりレンズの個性を一つにまとめた風貌。画角に合わせて足を運ぶ面倒さ。そしてたいていコンパクト。そんな単焦点レンズを愛してやまない人間です。

とはいえ単焦点レンズは高値なので、私は基本的にはジャンクレンズを使って楽しんでいます。特にコンパクトフィルムカメラについている35~40mmあたりの画角のレンズは大好きで、何度か分解して新しくデジタルカメラ用のレンズに流用してきました。

 

 

そんなレンズを作っているといつか訪れる問題。それは【作ったは良いがレンズを使う機会がない】という事です。普通のレンズであれば宝の持ち腐れですが、私の場合ゴミを持ってるだけにすぎません。これはまずい。

何故レンズを使うことがないのか。それを紐解いていくと、【レンズを交換するのが面倒くさい】というレンズ交換式カメラにあるまじき解答に行き着くのでありました。

じゃあレンズを交換することなくレンズをたくさん付ければいいんじゃね!?ということになり、作り上げたのが今回のマウントアダプターです。

 

作成記録

モデリング

特に難しい事は考えず、3Dプリンタでもモデリングします。

一応構成は大きく3つに分かれていて、

①カメラとマウントする部分
②レンズアダプタをマウントする部分
③レンズをマウントするレンズアダプタ

となっております。一応各レンズアダプタは最大内径40mm。当然、全てのレンズが無限遠が出るように調整しております。

 

ターレット型に限らずですが、マウントアダプターで最も大事なのは【フランジバックをあわせる】こと。

ターレット型の場合、レンズごとにフランジバックは異なります。
基本となるターレット部と、フランジバック調整用の部分を別途作った方が失敗が少なく済みます。

 

組み付け

組み付けていきます。

取り付けたカメラは初代α7ですが、その面影は見えなくなりました。

なお、各レンズは回転することがないように、ストッパーを取り付けています。
最初はマグネットキャッチさせるつもりでしたが、レンズの重さに耐えられませんでした…。

 

構成レンズについて

さて、ここからは使われなくなって取り付けられる羽目になってしまったレンズ達を紹介します!

①D.ズイコー 40mm F2.8 (OLYMPUS TRIP35)

かつての主力レンズ。描写の甘さが楽しく、絞り羽を外すことで各種フィルターを前玉と後玉の間に入れたフィルター遊びができるレンズになっていました。

②ズイコー 40mm F2.8

 

上のツイートで紹介したもの。同じ焦点距離ですが、TRIP35と違ってかなり描写が硬いです。オートフォーカスレンズを無理矢理外したので、フォーカス調整が大変。オートフォーカスレンズは、モーター駆動のためヘリコイドがスカスカなのです。

 

③写ルンですレンズ

改造レンズであれば俺に任せろ!!と言わんばかりに改造されやすい「写ルンです」レンズ。
今回はお試しで一つだけを取り付けました。作例はないですけど、まぁ写ルンですだから、作例もいらないでしょうw

今回は、あえてシリーズ【Mirage】の写真を載せておきます。写ルンですのレンズをたくさん並べて多重露光させるシリーズになっておりますが、できればターレット型でも同様の遊びがしたいものです。

 

FUJIFILM フジカラーレンズ付フィルム 写ルンです スタンダードタイプ シンプルエース 27枚撮り 初期モデルデザイン LF S-ACE SP FL 27SH 1

新品価格
¥1,171から
(2020/11/21 22:33時点)


④Fマウントアダプター

ニコン不変()のFマウントアダプター。
最後の一つぐらい、汎用性が高いものを用意した方が良いかと途中で付けてみたんだけども、ニコンのレンズが重すぎてバランスが取れませんでした(笑)
やはり全てジャンクレンズにした方が良いですね。

まぁこちらも一般的な絞り羽がついているFマウントレンズならどれでも使えるようにしているので作例は特にありません。

 

 

専用オプションの作成

せっかくなので、専用のライティンググッズも作ってみました。

ボトムズっぽくしてみる

SNSでやたらとボトムズ!むせる!!というコメントを頂いたので、ロマンの赤いライトをつけてみました。

なお、実用性はありません(笑)

 

専用ストロボを作ってみる

写ルンですをばらした時に余ったストロボを搭載しました。
センサと対角にあるレンズから発光できるようにしています。

写ルンですストロボは、高電圧回路になるので、取扱は注意しましょう。

また、直接接点をカメラに取り付けるのも危険です。今回は、一応低圧化させる回路を仕込ませてからカメラのホットシューの接点とつなぐように改造しています。

 

作例

 

上記写真は、すべて「写ルンです」レンズを使い、カメラの設定は同じにしています。

1枚目は、ストロボの前にレンズなし。いわゆるストロボ光ダイレクトアタックになります。
2、3枚目はストロボの前にはNIKKOR 50mmをつけており、2枚めはNIKKORの絞りをf/1.8、3枚目は絞りをf/11にしています。
レンズの絞りに合わせて光量が変化していることが分かります。

レンズの特徴や画角とピントで、ストロボ光の光の質を変化させることができます!凄く面白いし、画期的ではないでしょうか!?

もしかして:https://store.omnivas.jp/?mode=grp&gid=697413

 

 

おわりに

「こんなの逆に使いにくいやろ!」って思われた貴方。その感覚は正しいです。これはロマン。男の拘りです。

とりあえず色々作例を出しましたが、正直なトコロ色々な物を一つにまとめただけで、別にそのレンズやストロボじゃなくても良くね!?というのが作った本人の談です。

まぁいわゆるロマン機能なので深く追求してはいけません。

正直これでジャンクレンズを使うようになるか…と言われれば絶対あり得なかったりするのですが(笑)
実は簡単にシフト撮影が出来たり、【Mirage】シリーズとは違った意味での多重露光が出来たり、被写体見つけたらルーレットで撮るレンズを選択して何で撮るかをランダムで選択できたり…と、色々応用が出来るので面白いマウントアダプターとなっております。

今回のターレット型マウントアダプター。作りこんでいくと使いやすくなったり、作っていく過程で色々な発見がありました。
作品撮りに使えそうなアイデアも出てきましたし、これを元にした新しいアイデアの宝庫にもなっています。

一旦今回でこのターレット型アダプターは完成として、次のアイデアを形にしていこうと思います。

ではでは。

関連

自作カメラ
【自作カメラ】スリットシャッターカメラを、つくる【スリットスキャン】

続きを見る

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

toshio

旦那。 趣味は写真と工作。自作(改造)カメラ、IoT、電子工作、インテリア、家や暮らしが好き。

-all, カメラ, としお, 工作

© 2021 レツクル! Powered by AFFINGER5